レンタカーで行きたい沖縄の観光名所

沖縄観光名所をドライブしながら回ってみよう!交通手段はやはりレンタカー。 - 琉球王国に思いを馳せられる首里城はマスト

琉球王国に思いを馳せられる首里城はマスト

沖縄の歴史

若い人たちの中には、沖縄は昔から日本の領土だった。と思い込んでしまっている人たちもいるようですが、実は昔は独立した一つの国だったことを知っておきましょう。

そもそもは日本というよりかは中国の支配下にあったということもできるので、政治的な制度や役人登用試験なんかでは、科挙を参考にしたのであろうというものも見受けられます。

俄には信じがたいことになるかもしれませんが、歴史的な事実なので気になる人は突っ込んで調べてみると、色々なことを発見することができるので面白いかもしれません。

特に琉球神道と呼ばれている独自の宗教にはオカルト的な要素も見られるので、本当にこんな方法で国の行く末を決めていたのかな?なんていうことを思うこともあるでしょう。

さて、そのようにして異文化として成立していた琉球王国の象徴とでもいうべきものが首里城であると言えるのかもしれません。かつては多くの人たちが宮仕えをしていたことを考えると感慨深いですね。

かつては大王として民から信奉されていた王様が晩年を過ごした場所でもあるので、今現在もしっかりと形が残っているということに感謝するべきなのかもしれませんね。

正殿に近づいてみよう

写真等でよく見られる首里城というものは、あくまでも門に過ぎないので進んでいくとかつての本殿とでもいうべき建造物を見ることが可能になっています。見逃すわけにはいきません。

琉球と呼ばれていた時代には栄えていて、多くの役人が忙しそうに働いていたことを想像すると、ここは紛れもなく異国として存在していたのだな・・・。という感情が出てくるでしょう。

何度でも甦る

今まで何事もなく存在し続けることができたと思われがちですが、なんと4回もの焼失を経験しており、その度に復活してきたというのですから今度もずっと健在であって欲しいものです。

関連する記事